現在発売中の月刊サラブレにて「凱旋門賞展望」他を記しています